記事履歴

このバックナンバーは「最新号のみ公開」に設定されています

【一日一冊】★★★☆☆「組織と働き方を「変える・変えない・先延ばす」さて、どうする」
  • 発行日 2020-12-01
  • 発行部数 1635 部
■このメールマガジンの目的は、
 『人生を変えるような良い本を紹介すること』です。


↓このメルマガの配信停止はこちらから
http://bookmag2.com/form_if.cgi?type=3&id=1book



━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』6177冊目
https://www.mag2.com/m/0000094236

★★★☆☆「組織と働き方を「変える・変えない・先延ばす」さて、どうする」
上村紀夫♪


読書普及研究所 本のソムリエ
https://1book.biz/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「お客様が「減らない」店のつくり方」高田 靖久
【私の評価】★★★★★(94点)

 商売で最も難しいのはお客様を集めること。
 うまくいっている人は、どうやって
 見込み客を集め、お得意様を作るのか、
 その秘密を学びましょう。

https://1book.biz/2014/05/07/post-2776.html





━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼本ナビ(617冊目)
https://1book.biz/2020/12/01/uemura-norio.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「組織と働き方を「変える・変えない・先延ばす」さて、どうする」
上村紀夫、クロスメディア・パブリッシング
【私の評価】★★★☆☆(72点)
https://amzn.to/37qkg6y


【内容と感想】


■著者は産業医として組織と関わりながら
 人事担当者への支援・コンサルを
 行っているとのこと。


 最近はワークライフバランスで残業が減り、
 コロナ禍の影響で在宅勤務が増え、
 オフィスの環境は大きく変わりました。


 こうした変化の時代に
 人事担当者はどのように考え、
 判断すればいいのか、
 アドバイスする内容となっています。


・変化はいい事も悪い事もストレスになる・・・
 変化への適応は精神的なエネルギーを消費する、
 ということです(p252)



■全体的な傾向としては、
 働き方改革という外部の圧力や
 若年者の退職増加を避けるために
 働きやすさを過度に求める施策が
 採用されがちだという。


 その結果、仕事の質が落ちたり、
 組織の活性が落ちている場合が
 多いというのです。


 本書では具体的には
 在宅勤務を続けるか、やめるか、
 流行りのフリーアドレスはどうか
 副業を許容するか、しないか、
 などのケースを示しています。


 働き方改革の施策を決定する際には、
 プラスの効果だけでなく
 マイナスの効果も予測したうえで
 決断する必要があるのでしょう。


・社員がいなくては元も子もないという事情から、
 働きやすさを過度に求める施策に走り、結果的に
 働きやすさばかりがまして今ひとつ活性がない
 組織が形成されていくといった流れです(p94)



■働き方改革の中で、
 仕事の質を維持しながら
 勤務時間を減らすことが
 求められています。


 矛盾するようですが、
 やり方によっては成果を出しながら
 労働時間を減らした事例もありますので、
 試行錯誤するしかないのでしょう。


 社会全体として労働時間短縮を
 考えるようになってきたのは
 良い傾向だと思います。


 上村さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


【この本で私が共感した名言】


・いじめや体罰問題への対策として、教育機関、
 特に学校といった教育の現場から理不尽を 
 排除しようという動きが加速しました・・・
 社会に出た瞬間から社会人として理不尽を
 味わうことにより、離職やメンタルダウン
 といった結果に至るケースが多々見られます(p75)


・応援部や、華道、茶道など上下関係が色濃く
 残っている世界を経験している人材は、
 比較的ストレス耐性は高いように思われます(p78)


・組織活性の源泉は個人、つまり社員一人ひとりの
 個人活性の集合体で成り立っています。
 個人活性は・・・


▼続きを読む
https://1book.biz/2020/12/01/uemura-norio.html


「組織と働き方を「変える・変えない・先延ばす」さて、どうする」
上村紀夫、クロスメディア・パブリッシング
【私の評価】★★★☆☆(72点)
https://amzn.to/37qkg6y


[楽天ブックスで購入する]
https://a.r10.to/hVn7RG


■目次

第1章 モヤモヤ1 一度変えた組織運営続ける?元に戻す?
第2章 モヤモヤ2 社員と会社の価値観のちがい、どううめる?
第3章 モヤモヤ3 社員の気持ちにどこまでこたえる?
第4章 「変える?変えない?先延ばす?」をどう解決するか
第5章 フレームワークで施策の導入可否を判断する
第6章 パラダイムシフトをチャンスと考える方法



■著者紹介

 上村紀夫(うえむら のりお)・・・株式会社
エリクシア代表取締役・医師・産業医・経営学修士
(MBA)。1976年生まれ。名古屋市立大学医学部卒業後、
病院勤務を経て、2008年ロンドン大学ロンドンビジネス
スクールにてMBAを取得。戦略系コンサルティングファーム
を経て、2009年「医療・心理・経営の要素を用いた
『ココロを扱うコンサルティングファーム』」として
株式会社エリクシアを設立。これまで30,000件以上の
産業医面談、年間1,000以上の組織への従業員サーベイ
を基に、心理的アプローチによる労使トラブル解決や
メンタルヘルス対策の構築、離職対策のコンサルティング、
研修、講演などを行う。




------------------------------
<私の評価:人生変える度>
 ★★★★★(ひざまずいて読むべし)
 ★★★★☆(素晴らしい本です)
 ★★★☆☆(読むべき一冊です)
 ★★☆☆☆(余裕があればぜひ)
 ★☆☆☆☆(人によっては)
 ☆☆☆☆☆(こういう本は掲載しません)
------------------------------




━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■読者の声 http://1books.blog112.fc2.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━



■読者からメッセージをいただきました・゜゜☆


 本のソムリエ様のメルマガで
 初めて知った著者の場合は
 他の著書、作品を調べています。



■本のソムリエより


 メールありがとうございます。


 著者は2,3冊読まないと
 その実力は図れませんね。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼本2冊無料でプレゼント!(3423冊目)
https://1book-day.com/present.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━



■本のプレゼントを希望する人は、
 このメルマガに返信するか、
 下記からご連絡ください。
https://1book.biz/script/mailform/present/

○件名は「一日一冊プレゼント」
○本文には、次の項目を追記してください。

  1 最近、感動した本は何ですか(必須)
  2 メルマガの感想(必須)
  3 希望の本のタイトル


▼プレゼント“本のタイトル“と内容URL

★★★★★「「グチ活」会議-社員のホンネをお金に変える技術」仁科雅朋
https://1book.biz/2020/11/04/masatomo-nishina.html

★★★☆☆「住んでみたヨーロッパ9勝1敗で日本の勝ち」川口マーン惠美
https://1book.biz/2016/12/12/post-3307.html


■締め切りは、2020年12月5日(土)20時です。

 当選者には、こちらからご連絡して、
 住所などを教えていただきます。


過去の【読者プレゼント】3423冊
https://tinyurl.com/5present2





━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼編集後記
http://www.hayaoki-seikatsu.com/users/japantn/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 おはようございます。


 今日の宮城県は気持ちの良い朝です。
 最近、雨が降らないですね。




 『まぐまぐ大賞2020』のエントリーが
 はじまりました。
https://www.mag2.com/events/mag2year/2020/form.html?id=0000094236



■【今日蒔いた成功の種】
 ・名刺をもらったらその日にメール
 ・著者に感謝メール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼先月読んでよかった本 https://1book.biz/2020/11/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1位「学校が教えない本当の日本史」伊勢雅臣
https://1book.biz/2020/11/10/cooljapan.html

2位「「グチ活」会議-社員のホンネをお金に変える技術」仁科雅朋
https://1book.biz/2020/11/04/masatomo-nishina.html

3位「なぜ星付きシェフの僕がサイゼリヤでバイトするのか?偏差値37のバカが見つけた必勝法」村山太一
https://1book.biz/2020/11/17/lasse.html

4位「STAP細胞 事件の真相」佐藤貴彦
https://1book.biz/2020/11/24/stap.htmll

5位「知的社会人1年目の本の読み方」山口謠司
https://1book.biz/2020/11/23/yoji-yamaguchi.html






━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』
【発行者】 読書普及研究所 代表 本のソムリエ
【ブログ】 https://1book.biz/
【メルマガ】 https://www.mag2.com/m/0000094236
【ご感想】 このメルマガに直接返信メールしてください。※

━━━━━━━━━━━━━━━━━━



※良いことを書いている人が、
 良い人とは限りません。
 本メルマガが紹介するのは「書籍の内容」
 であって、書籍の著者とその活動を
 推薦するものではありません。


※頂いたメールは、個人情報を除き
 予告なくメルマガ上で
 掲載させていただく場合があります。
 掲載不可の場合は件名に明記して下さい。


※献本について
https://1book-day.com/ad.htm


※無料レポートについて
https://1book.biz/report/index.html


※楽天アフィリエイトに参加中です。
 Amazonアソシエイト・プログラムに参加中です。







───────────────
お友達に「一日一冊」を推薦していただくと幸いです。
https://www.mag2.com/m/0000094236.html

☆☆ 最後までお読みいただき、ありがとうございました♪ ☆☆

Copyright c 2002-2020 All rights reserved.
このメルマガの紹介・転載を心から歓迎します。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まぐまぐ大賞2020 投票受付中!~12/6(日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今年のNo.1メルマガを決めるのはあなたです!
早速このメルマガに投票する
https://www.mag2.com/events/mag2year/2020/form.html?id=0000094236

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです