記事履歴

このバックナンバーは「最新号のみ公開」に設定されています

【一日一冊】★★★☆☆「米中新冷戦の正体 - 脱中国で日本再生」
  • 発行日 2020-07-10
  • 発行部数 1519 部
■このメールマガジンの目的は、
 『人生を変えるような良い本を紹介すること』です。


↓このメルマガの配信停止はこちらから
http://bookmag2.com/form_if.cgi?type=3&id=1book




━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』6051冊目
https://www.mag2.com/m/0000094236

★★★☆☆「米中新冷戦の正体 - 脱中国で日本再生」
馬渕 睦夫、河添 恵子♪


読書普及研究所 本のソムリエ
https://1book.biz/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「最速で10倍の結果を出す他力思考」小林正弥
【私の評価】★★★★★(97点)

 一生懸命【自力】で頑張って
 年収1000万円となった著者は疲弊していました。
 成功者を真似して【他力】に変えたら
 楽して年収1億円を達成したのです。

https://1book.biz/2020/05/07/kobayashi.html




━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼本ナビ(6051冊目)
https://1book.biz/2020/07/10/deepstate.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「米中新冷戦の正体 - 脱中国で日本再生」
馬渕 睦夫、河添 恵子、ワニブックス
【私の評価】★★★☆☆(72点)
https://amzn.to/38DOQd8


■この本ではウクライナ大使を経験した
 外務省官僚(馬渕)が世界を動かす
 仕組みを解説する一冊となっています。


 この本ではディープステートという
 言葉が出てきますが、ディープ
 ステートとは影の勢力という意味で、
 アメリカ・イギリスの国際金融資本を
 指しているようです。


 国際金融資本は、世界中でビジネスが
 自由にできるという1つの世界を
 目指しています。「ボーダレス」
 「グローバリズム」「世界統一政府」
 を目指す思想です。


 国際金融資本は資本(金)の力で
 教育界、言論界、学会、マスコミ、
 政界への影響力を駆使しながら、
 グローバリズムを推進しているという。


・デビッド・ロックフェラーは
 『ロックフェラー回顧録』で
 こう言っています。
 「自分は世界の仲間たちと一緒に、
 1つの世界を創るために働いてきた」
 と(馬渕)(p87)



■その国際金融資本に挑戦するのが、
 プーチンでありトランプであり、
 中国共産党であるという。


 つまりプーチンはユダヤ系
 新興財閥を抑圧した。


 トランプはグローバル化を否定し、
 アメリカファースト、国家の利益を
 重視し、マスコミをけん制している。


 中国共産党は国際金融資本と
 良い関係を持ちながら発展してきたが、
 国際金融資本に挑戦するようになった。


 結果として中国は、プーチンと組み、
 アメリカと国際金融資本を
 敵に回しているのです。


・「トランプ政権は、国家主権を取り戻す
 ための政権である」2019年3月に緊急来日した、
 トランプ大統領の元主席戦略官及び上級顧問の
 スティーブ・バノンさんは、特別講演会で
 我々聴衆にこう語りかけました・・・
 アメリカの政治や軍、企業、アカデミックの
 中に、中国共産党的な思想と方策が
 人材を含め深く刺さり込んでしまった
 状況への危機感です(馬渕)(p94)



■話がトンデモ系になりそうになりながら、
 大きい国際政治の流れは合っているように
 感じました。


 国際金融資本は、儲かるうちは
 中国共産党を支援していましたが、
 どうも中国共産党をコントロール
 できなくなってきた。


 これから一波乱ありそうな
 気配なのは間違いないようです。


 馬渕さん、河添さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・コミュニズムはユダヤ系左派の思想です。
 簡潔に言えば「世界を1つにする」という思想で、
 この「ワンワールド秩序」を目指す思想は、
 その時々で呼び名が変わります。
 冷戦終了後は、「グローバリズム」と
 なりました(馬渕)(p17)


・米露の本当の意味での冷戦は、
 プーチンがユダヤ系新興財閥を
 抑圧し出してから始まったというのが
 私の考えです。(馬渕)(p25)


・2017年11月7日にアメリカで策定・・・
 「共産主義犠牲者の国民的記念日」・・・
 アメリカの若者たちに、共産主義の恐ろしさを
 教える記念日を策定したことは、
 トランプ政権が共産主義を敵としている
 どころか、潰そうとしていることの
 布石だと思いました(河添)(p54)


・メディアや言論界への工作は、中国の十八番・・・
 職員のなかに外国人がいるわけですよ。
 中国人や韓国人、こういう人たちが番組を
 作っている。特にニュース番組ですね・・・


▼続きを読む
https://1book.biz/2020/07/10/deepstate.html


「米中新冷戦の正体 - 脱中国で日本再生」
馬渕 睦夫、河添 恵子、ワニブックス
【私の評価】★★★☆☆(72点)
https://amzn.to/38DOQd8


[楽天ブックスで購入する]
https://a.r10.to/hUrdOq


■目次


序章 100年に1度の地殻変動 揺らぎ始めた「ロシア革命」の秩序
第1章 トランプ大統領の思想的背景と“赤狩り"
第2章 ディープステート「影の国家」を紐解く
第3章 アメリカ左派と中国共産党の蜜月と転機
第4章 リアルに存在するスパイと無防備な日本
第5章 アジアを動かす米英中の野望とロシア
第6章 越えてはならない一線を越えた中国
第7章 5G覇権戦争サイバー空間が米中の主戦場







------------------------------
<私の評価:人生変える度>
 ★★★★★(お薦めです!ひざまずいて読むべし)
 ★★★★☆(買いましょう。素晴らしい本です)
 ★★★☆☆(社会人として読むべき一冊です)
 ★★☆☆☆(時間とお金に余裕があればぜひ)
 ★☆☆☆☆(人によっては価値を見い出すかもしれません)
 ☆☆☆☆☆(こういうお勧めできない本は掲載しません)
------------------------------




━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■読者の声 http://1books.blog112.fc2.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━



■読者からメッセージをいただきました・゜゜☆


 希望の本のタイトルは
 書かなくてもよくなったのですか?




■本のソムリエより


 メールありがとうございます。


 希望の本のタイトルは
 必須ではありません。


 希望の本のタイトルを
 書いていただいたほうが
 当たる可能性が高まります。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼本2冊無料でプレゼント!(3381冊目)
https://1book-day.com/present.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━



■本のプレゼントを希望する人は、
 このメルマガに返信するか、
 下記からご連絡ください。
https://1book.biz/script/mailform/present/

○件名は「一日一冊プレゼント」
○本文には、次の項目を追記してください。

  1 最近、感動した本は何ですか(必須)
  2 メルマガの感想(必須)
  3 希望の本のタイトル


▼プレゼント“本のタイトル“と内容URL

★★★★☆「鋼のメンタル」百田 尚樹
https://1book.biz/2017/03/14/-mental.html

★★★★★「人間は自分が考えているような人間になる」アール・ナイチンゲール
https://1book.biz/2003/01/01/post-236.html


■締め切りは、2020年7月11日(土)20時です。

 当選者には、こちらからご連絡して、
 住所などを教えていただきます。


過去の【読者プレゼント】3379冊
https://tinyurl.com/5present2





━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼編集後記
http://www.hayaoki-seikatsu.com/users/japantn/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 おはようございます。


 今日は災害訓練があります。



■【今日蒔いた成功の種】
 ・名刺をもらったらその日にメール
 ・著者に感謝メール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼先月読んでよかった本 https://1book.biz/2020/06/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1位「ウクライナ人だから気づいた日本の危機」グレンコ・アンドリー
https://1book.biz/2020/06/15/ukraine.html

2位「お金の減らし方」森 博嗣
https://1book.biz/2020/06/19/hiroshi.html

3位「ザ・メンタルモデル 痛みの分離から統合へ向かう人の進化のテクノロジー」由佐美加子, 天外伺朗
https://1book.biz/2020/06/18/mentalmodel.html

4位「どう伝えればわかってもらえるのか? 部下に届く 言葉がけの正解」吉田幸弘
https://1book.biz/2020/06/23/yoshida.html





━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』
【発行者】 読書普及研究所 代表 本のソムリエ
【書評ブログ】 https://1book.biz/
【メルマガ】 https://www.mag2.com/m/0000094236
【ご感想】 このメルマガに直接返信メールしてください。※

━━━━━━━━━━━━━━━━━━



※良いことを書いている人が、
 良い人とは限りません。
 本メルマガが紹介するのは「書籍の内容」
 であって、書籍の著者とその活動を
 推薦するものではありません。


※頂いたメールは、個人情報を除き
 予告なくメルマガ上で
 掲載させていただく場合があります。
 掲載不可の場合は件名に明記して下さい。


※献本いただいた書籍については、
 私が購入した書籍と混合・保管されますので、
 メルマガへの掲載は必ずしも保証できません。


※楽天アフィリエイトに参加中です。
 Amazonアソシエイト・プログラムに参加中です。







───────────────
お友達に「一日一冊」を推薦していただくと幸いです。
https://www.mag2.com/m/0000094236.html

☆☆ 最後までお読みいただき、ありがとうございました♪ ☆☆

Copyright c 2002-2020 All rights reserved.
このメルマガの紹介・転載を心から歓迎します。