記事履歴

このバックナンバーは「最新号のみ公開」に設定されています

【一日一冊】★★★★☆「暴力が支配する一触即発の世界経済」猫組長♪
  • 発行日 2019-10-18
  • 発行部数 1776 部
■このメールマガジンの目的は、
 『人生を変えるような良い本を紹介すること』です。


↓このメルマガの配信停止はこちらから
http://bookmag2.com/form_if.cgi?type=3&id=1book




━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』5800冊目
https://www.mag2.com/m/0000094236.html

★★★★☆「暴力が支配する一触即発の世界経済」猫組長♪


読書普及研究所 本のソムリエ
https://1book-day.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「習慣が10割」吉井 雅之
【私の評価】★★★★★(95点)

 ダメ人間だった著者が、
 小さな良い習慣を増やしていくことで
 続けることのできる人間になれた!

https://1book.biz/2018/12/10/habits.html





━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼名言クイズ
https://www.1books.jp/entry/2019/10/18/063817

━━━━━━━━━━━━━━━━━━



・移民犯罪にかかる膨大な社会コスト・・・
 法務省は2010年3月以降、留学生や
 技能実習生で入国した外国人が
 「難民申請」をすると、認否によらず
 6ヶ月後から就労を認めてきた。
 2018年に厳格化されるまで、多くの
 ●●●●人が日本に滞在するようになる。
 こうした古参の在留●●●●人たちが
 犯罪ネットワークを作り、新たな
 同胞を裏の世界へとリクルートするのだ(p215)


<ヒント>「中国」ではありません。


▼「名言クイズ」の答えを読む
https://www.1books.jp/entry/2019/10/18/063817





━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼本ナビ(5800冊目)
https://1book.biz/2019/10/18/mafia.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「暴力が支配する一触即発の世界経済」猫組長、ビジネス社
【私の評価】★★★★☆(83点)


■アメリカは最強の暴力団だという。
 だとすれば、国際社会とは暴力団同士が
 縄張り争いをしているようなもの。


 元暴力団の金庫番だった著者に
 暴力団のような国際社会情勢を
 解説してもらいましょう。


 まず、アメリカが世界を支配できるのは
 ドルが基軸通貨だから。
 そしてドルを支えるのが軍事力です。


・21世紀に至っても「石油の世紀」は続いている・・・
 そして石油取引は、基軸通貨「ドル」に
 支配されている。ドルが基軸通貨として
 機能している理由は、米軍という武力を
 背景に作り上げた金融支配構造と
 その維持にあると言える(p44)



■中国については、
 アメリカは旧ソ連と同じような
 図式を作ろうとしていること。


 北朝鮮のミサイル開発のために、
 ロシアンマフィアが
 ウクライナの部品を供給している。


 石油輸出国となったアメリカにとって
 中東の混乱はアメリカの利益。
 サウジアラビアとイランの
 戦争の可能性が高まっている。


 中国とヨーロッパの国々が
 新たな枢軸国を作ろうとしている。


 猫組長は元暴力団ならではの
 独自の情報網を
 持っているようなのです。


・サウジとイランの戦争が、
 現在のアメリカにとって
 大きな利益になることは間違いない・・・
 シェールガス開発でエネルギー輸出国になった
 アメリカにとって、石油を欲しがる
 日本マーケットが魅力的に見えていることも
 間違いない・・・人命を金に変える・・
 理性的で知的なマティス氏が感情に任せて
 辞任する動機としても十分といえるだろう(p156)



■暴力団の目で世界を見ると
 各国の思惑(おもわく)が
 浮かび上がってくるようです。


 そこは「力」と「金」と「情報」が
 飛び交い、各国が国益を最大化するために
 動いているのだとわかりました。


 米中貿易戦争もブレグジットも
 中東のタンカー攻撃も必然なのです。


 猫組長さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・アメリカの対中規制はますます強くなって
 いったのだが、米国内でその動きを
 けん引しているのは、むしろアメリカ議会
 であることはあまり伝わっていない(p75)


・現在のトランプ政権には、レーガン政権で
 USTR(アメリカ合衆国通商代表部)
 次席代表として活躍したライトハイザー氏など、
 レーガン時代のスタッフが多くいる。
 アメリカが中国との対立を
 「冷戦と同じ対称の図式にしたい」と
 考えているということ・・(p92)


・中国政府は、AIIB(アジアインフラ投資銀行)
 を通じて新興国のインフラ開発に融資する。
 しかし、焦げ付いた国からは陸路や海路の
 拠点を合法的に収奪している。実際に、
 ギリシャのプレウス港、スペインのバレンシア港、
 スリランカのハンバントタ港など海洋拠点を
 手中に収めることに成功した(p100)


・ロシアン・マフィアが他の国のマフィアと
 大きく違う点は、そうしたアンダーグラウンドの
 アイテムだけではなく、石油や天然ガス、
 レアメタルや核物質など・・・


▼続きを読む
https://1book.biz/2019/10/18/mafia.html


「暴力が支配する一触即発の世界経済」猫組長、ビジネス社
【私の評価】★★★★☆(83点)

[Amazonで購入する]
https://amazon.co.jp/o/ASIN/4828420959/mag06-22/ref=nosim/

[楽天ブックスで購入する]
https://a.r10.to/hfn0xl


■目次

第1章 巻き起こる「イズム」から「実利」への大転換
第2章 米中貿易戦争に操られるトランプ
第3章 再編される「乱」世界
第4章 暴力プレート境界―日本







------------------------------
<私の評価:人生変える度>
 ★★★★★(お薦めです!ひざまずいて読むべし)
 ★★★★☆(買いましょう。素晴らしい本です)
 ★★★☆☆(社会人として読むべき一冊です)
 ★★☆☆☆(時間とお金に余裕があればぜひ)
 ★☆☆☆☆(人によっては価値を見い出すかもしれません)
 ☆☆☆☆☆(こういうお勧めできない本は掲載しません)
------------------------------




━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■読者の声 http://1books.blog112.fc2.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━



■読者からメッセージをいただきました・゜゜☆


 いつもメルマガを配信いただき,
 ありがとうございます.
 また,先日は本をプレゼントいただき,
 心より感謝いたします.


 最近,読んだことをできるだけ
 メモするように心がけています.
 集中力が上がり,記憶への定着が
 断然良くなりました.


 これからも人生を変えるような
 素晴らしい本との出会いを
 楽しみにしています.



■本のソムリエより


 メールありがとうございます。


 メモはいいですね。
 一手間かけるだけで大違いです。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼本5冊無料でプレゼント!(3260冊目)
https://1book-day.com/present.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━



■本のプレゼントを希望する人は、
 このメルマガに返信するか、
 下記からご連絡ください。
https://1book.biz/script/mailform/present/

○件名は、「一日一冊プレゼント:ほしい“本のタイトル”」に変更
○本文には、次の項目を追記してください。

  1 最近、感動した本は何ですか
  2 メルマガの感想
  3 “ほしい本”を下の5冊から2冊選ぶ 


▼プレゼント“本のタイトル“と内容URL

★★★★★「大放言」百田 尚樹
https://1book.biz/2017/08/30/-hyakuta-naoki.html

★★★★☆「生物と無生物のあいだ」福岡 伸一
https://1book.biz/2008/01/20/post-625.html

★★★★☆「ストレスに打ち勝つ!インナーゲームオブストレス」
https://1book.biz/2010/08/28/post-1486.html

★★★★☆「20代で人生の年収は9割決まる」土井 英司
https://1book.biz/2011/01/20/post-1649.html

★★★★☆「人生熱く生きなければ価値がない!」 A・L・ウイリアムズ
https://1book.biz/2003/03/07/post-379.html


■締め切りは、2019年10月19日(土)20時です。

 当選者には、こちらからご連絡して、
 住所などを教えていただきます。


過去の【読者プレゼント】
https://1book-day.com/present.htm





━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼編集後記
http://www.hayaoki-seikatsu.com/users/japantn/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 おはようございます。


 今日が5800冊目でした。
 パチパチパチ。




■【今日蒔いた成功の種】
 ・名刺をもらったらその日にメール
 ・90点以上は著者に感謝メール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼先月読んでよかった本 https://1book.biz/2019/09/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1位「地元がヤバい...と思ったら読む 凡人のための地域再生入門」木下 斉
https://1book.biz/2019/09/10/kinoshita.html

2位「新インナーゴルフ」ティモシー ガルウェイ
https://1book.biz/2019/09/03/innergolf.html

2位「スパルタ婚活塾」水野敬也
https://1book.biz/2019/09/16/spartan.html

2位「続ける力―仕事・勉強で成功する王道」伊藤 真
https://1book.biz/2019/09/12/itou.html

5位「その後のリストラなう!: 割増退職金危機一髪」瀬尾 健
https://1book.biz/2019/09/13/seo.html





━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼名言クイズの答え
http://www.1books.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━



・移民犯罪にかかる膨大な社会コスト・・・
 法務省は2010年3月以降、留学生や
 技能実習生で入国した外国人が
 「難民申請」をすると、認否によらず
 6ヶ月後から就労を認めてきた。
 2018年に厳格化されるまで、多くの
 ベトナム人が日本に滞在するようになる。
 こうした古参の在留ベトナム人たちが
 犯罪ネットワークを作り、新たな
 同胞を裏の世界へとリクルートするのだ(p215)


「暴力が支配する一触即発の世界経済」猫組長、ビジネス社
【私の評価】★★★★☆(83点)

[Amazonで購入する]
https://amazon.co.jp/o/ASIN/4828420959/mag06-22/ref=nosim/

[楽天ブックスで購入する]
https://a.r10.to/hfn0xl



■民主党政権であった2010年から
 技能実習生の運用が緩和され
 技能実習生が5年で4倍に増えています。


 この期間に増えた在留ベトナム人が
 犯罪集団を作り、新たなベトナム人を
 犯罪集団に引き入れているのだという。


 『犯罪白書2017年版』によると
 外国人の検挙人数のうち、中国人が31.6%、
 ベトナム人が21.6%となっています。


■技能実習生と受入先とのトラブルも
 増えており、帰国が近づくと、先輩ベトナム人が
 『それは残業代だから請求できる』
 『それはセクハラだから訴えれば金になる』
 と教え、5万円ほどの紹介料で
 専門の弁護士を紹介するのだという。


 さらには、難民申請者でも同じ構図で
 先輩難民が生活保護の不正受給を
 教えているという。


 具体的には難民申請後6カ月過ぎたら
 3カ月働いては生活保護を受ける、
 再申請で3カ月働いて生活保護を利用して、
 また再申請を繰り返すのです。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』
 【発 行 者 】 読書普及研究所 代表 本のソムリエ
 【過去の書評 】 https://1book.biz/
 【メルマガ登録】 https://www.mag2.com/m/0000094236.html
 【ご 感 想 】 このメルマガに直接返信メールしてください。※

━━━━━━━━━━━━━━━━━━


※良いことを書いている人が、良い人とは限りません。
 本メルマガが紹介するのは「書籍の内容」であって、
 書籍の著者とその活動を推薦するものではありません。


※頂いたメールは、予告なくメルマガ上で
 掲載させていただく場合があります。
 掲載不可の場合は件名に明記して下さい。


※献本いただいた書籍については、
 私が購入した書籍と混合・保管されますので、
 メルマガへの掲載は必ずしも保証できません。






───────────────
お友達に「一日一冊」を推薦していただくと幸いです。
https://www.mag2.com/m/0000094236.html

☆☆ 最後までお読みいただき、ありがとうございました♪ ☆☆

Copyright c 2002-2019 All rights reserved.
このメルマガの紹介・転載を心から歓迎します。